女性専用クリニック オールアバウトブレスト
All About Breastは宮崎の乳腺クリニックです。

お知らせ

高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンが定期接種が開始      (平成26年10月1日から)

高齢者用 肺炎球菌ワクチン 定期接種

 

1 平成26年度の肺炎球菌ワクチン接種の対象者

対象者      生年月日

 

65歳となる方昭和24年4月2日生 ~ 昭和25年4月1日生

 

70歳となる方 昭和19年4月2日生 ~ 昭和20年4月1日生

 

75歳となる方 昭和14年4月2日生 ~ 昭和15年4月1日生

 

80歳となる方 昭和 9年4月2日生 ~ 昭和10年4月1日生

 

85歳となる方 昭和 4年4月2日生 ~ 昭和 5年4月1日生

 

90歳となる方 大正13年4月2日生 ~ 大正14年4月1日生

 

95歳となる方 大正 8年4月2日生 ~ 大正 9年4月1日生

 

100歳となる方 大正 3年4月2日生 ~ 大正 4年4月1日生

 

101歳以上の方 大正 3年4月1日以前の生まれ

 

 

2 接種の費用

上記の対象者は当院にて自己負担額 2,000円で、肺炎球菌ワクチン予防接種を受けることができます。(予約制)

ただし、これまでにこのワクチンを接種したことない方が条件です。

予診のみは無料(自己負担なし)

※年齢の確認のため必ず『健康保険証』か『健康手帳』をお持ち下さい。

 

3 実施期間

平成26101日~平成27331

 

4 注意事項

)必ず予約を入れて下さい。

)予防接種は体調の良いときに受けてください。

)このワクチンは少なくとも接種後5年間は効果が持続するとされており、

毎年接種する必要はありません。季節に関係なく早めに接種して下さい。

)65歳未満でも任意で接種が可能です。その場合は全額自己負担(8,000+消費税)になります。

 

肺炎(肺炎球菌による)について

日本人の死亡原因は1位がん、2位心臓病、3位が肺炎となっています。(2011年厚生労働省 人口動態統計より)

なお、インフルエンザ流行時期に発症する肺炎の半数以上が肺炎球菌が原因で、65歳を超えると患者が増加する傾向にあります。

肺炎球菌による肺炎は重症化することが多く、治療が困難になることがありますが、事前のワクチン接種で予防や重症化を防ぐことができます。

 

 

All About Breast

院長 町田 英一郎

投稿日時:2014.09.01(Mon) 12:00:00|投稿者:machida


乳がん検診ならAll About Breastへご相談ください。